花嫁の二次会ドレスやマタニティドレス│指輪に関する情報も

妊娠中のドレス着用

花嫁

妊娠中に結婚式にお呼ばれした場合、レンタル用のマタニティドレスがあります。妊娠周期に対応しているため、お腹のサイズによって様々なドレスを選ぶことができます。また、衛生面は特に気を使っているため、胎児への心配も無用です。

Read More...

指輪の選び方

指輪

結婚指輪を高崎で買うときは、相手の希望を聞くことも大切ですが、自分が付けるときのことも考えて選びましょう。また、指輪の値段は買う人によって大きく違うので、ご自分の予算配分を考えて買うことが大切です。

Read More...

指のサイズを測ろう

指輪

婚約指輪を買う前には、相手の指のサイズを測る必要があります。そのときに普段のファッション指輪のサイズをそのまま適用するのではなく、朝夕や体調、季節などにわけて測ってみることが大切です。

Read More...

ドレスコードの問題点

ドレス

結婚式の華形といえば花嫁衣装です。披露宴では何度も化粧直しをする花嫁に目を奪われる方も多いのではないでしょうか。しかし、花嫁の衣装に注目が集まるには披露宴だけではありません。二次会でも花嫁のドレスは注目の的になるのです。しかし、披露宴まではプロのスタッフたちが衣装変えのお手伝いをしてくれますが、二次会からは全て一人ですることになる花嫁もいます。そんな二次会ドレスを選ぶポイントがいくつかあります。実は二次会ドレスとして披露宴でも着用したウェディングドレスをそのまま着る花嫁も多いとされています。というのも、二次会は気心の知れた仲間が集まるとしても、依然、主役は新郎新婦です。なので、新郎新婦の服装に期待している招待客も多く、披露宴では近くで見れなかったウェディングを二次会ドレスとして期待している人も多いようです。また、もしウェディングドレスをレンタルしている場合は、翌日の返却時間や汚しすぎに注意するようにしましょう。二次会場が遠い場合は、帰宅してウェディングドレスを脱ぐまでの時間的余裕をもって行動しましょう。さらに、せまい二次会場だと大きすぎるウェディングドレスは動きまわるのにかえって不便になります。その場合は、カジュアルな二次会ドレスに着替えるのがいいでしょう。その場合は友達とのコミュニケーションを重視して、動きやすいドレスがベストですが、あまりにシンプル過ぎるのも、友達の衣装にうもれてしまいます。二次会ドレスでウェディングドレスを着ない場合は、少し派手なくらいのドレスを選ぶといいでしょう。